SUNNY FISH LOGO
会社概要 プライバシーポリシー
 
TOP > SPECIAL > レポート >日本ロングディスタンストライアスロン選手権佐渡大会  長谷川健
レースレポート
 

日本ロングディスタンストライアスロン選手権佐渡大会

選手名  :長谷川健
レース名:日本ロングディスタンストライアスロン選手権佐渡大会
日時    :2017年9月3日
開催地  :新潟県佐渡市
天気    :晴れ26度、水温23度
距離    :スイム2km、バイク108km、ラン21.1km
使用機材:
バイク     FUJI TRANSONIC SL
ヘルメット   LAS VICTORY VENTO
ハンドル    PROFILE DESIGN CANTA SS DROP BAR 
ステム     PROFILE DESIGN 1/Seventeen
DHバー    PROFILE DESIGN ZBS S-BEND
ボトルケージ  PROFILE DESIGN Karbon Kage
ホイール    PROFILE DESIGN 1/FIFTY
タイヤ     Panaracer RACE D Evo3
サングラス   ESS CROSSBOW Cerakote
ユニフォーム  Champion System SUNNY FISH
補給食     honeyplus ここでジョミ
レース後    ATHLETE JOYNT

総合12位 5:24:21(スイム30:49、バイク3:18:43、ラン1:34:49)

スイム 30:49(5位)
水深は腰ぐらいで、アウトからのスタートを選択しました。スタートフォーンが聞こえず、選手同士顔を見合わせるように不安のままスタートします。数回ドルフィニングをして泳ぎやすい位置に入っていきます。参加人数が少ないので、バトルもすぐに収まります。5名の第2パック内で泳ぎ、途中では自分が先頭を引きペースを作っていきます。最後はブイが流されていて、上陸場所に迷いますが、予定通りのメイン集団でバイクに移ります。

バイク 3:18:43(16位)
コースは佐渡島の南半分を回るコースです。今年から105km→108kmへと少し距離が延びました。細かいアップダウンの連続で、いかに減速を少なく攻略するかがポイントです。サイクルラックから取り出す際にぶつけてしまい、スピードメーターがずれてしまいます。ロングレースではペース配分、補給のタイミングが大切なので、止まって修理しました。メインパックからは200mぐらい遅れてしまい、単独で我慢の時間が続きます。当日は北風で気温が低く、ユニフォームが濡れているバイクスタート時はとても寒く感じました。その影響か、お腹を冷やしてしまい、内臓の調子が良くありません。計画通りに補給食を食べていきますが、上手く吸収出来ずに力の入らない走りになってしまいます。

バイク終了時 14位通過

ラン 1:34:49(9位)
コースはワンウェイなので前との差が確認出来ません。遠くに見える選手の後姿を目標に走ります。バイクが不甲斐ない走りになってしまったので、ランでの追い上げに集中します。バイクではエネルギー不足を感じたので、ランのエイド毎にスポーツドリンクを給水し、バナナを一口ずつ食べ、血糖値を上げていきます。走り出しは今日の体調に合ったリズムを探り、あとはひたすらピッチをキープする事に集中します。5kmで1人、15kmで1人抜き順位を上げますが、肝心のラストスパートでペースが落ちてしまいます。ゴール後の筋疲労に左右差があるので、動きの確認をしていきます。

今大会では、たくさんの応援をして頂きありがとうございました。例年、猛暑で苦しむ佐渡大会ですが、今年は寒さに苦しみました。スイムアップ後の身体の冷えは、事前の準備で防げた事です。何通りものシミュレーションをして、どんな状況にも対応出来るようにしていきます。また応援宜しくお願い致します。

SUNNY FISH 長谷川健

         

TOPへ戻る