SUNNY FISH LOGO
会社概要 プライバシーポリシー
 
TOP > SPECIAL > レポート >みやぎ国際トライアスロン仙台ベイ七ヶ浜大会  長谷川健
レースレポート
 

みやぎ国際トライアスロン仙台ベイ七ヶ浜大会

選手名  :長谷川健
レース名:みやぎ国際トライアスロン仙台ベイ七ヶ浜大会
日時    :2017年7月2日
開催地  :宮城県七ヶ浜町
天気    :晴れ31度、水温21度
距離    :スイム1.5km、バイク40km、ラン10km
使用機材:
バイク     FUJI TRANSONIC SL
ヘルメット   LAS VICTORY VENTO
ハンドル    PROFILE DESIGN CANTA SS DROP BAR 
ステム     PROFILE DESIGN 1/Seventeen
DHバー    PROFILE DESIGN ZBS DL
ボトルケージ  PROFILE DESIGN Karbon Kage
ホイール    PROFILE DESIGN 1/FIFTY
タイヤ     Panaracer RACE D Evo3
サングラス   ESS CROSSBOW Cerakote
ユニフォーム  Champion System SUNNY FISH
補給食     honeyplus ここでジョミ
レース後    ATHLETE JOYNT

総合10位 2:15:27(スイム24:29、バイク1:09:57、ラン41:01)

スイム 24:29(4位)
コースは750m×2周で、一度テトラポッドの外に出るので、うねりがあります。波、潮流を上手く読み、最短コースを泳ぐ事が重要です。スタート位置はコースロープ沿いの一番インコースを選択しました。合図に集中し反応良く飛び込み、集団から抜け出す事に成功します。あとは呼吸の度にコースロープとの距離感を確認し、出来るだけ前方確認のヘッドアップを減らしてスピードをキープしました。今回はウォーミングアップをしっかりして一度心拍を上げておいたので、辛くなってくる第1ブイ後も粘る事が出来ました。2周目からは別カテゴリーの選手が混ざってくるので、縫うように泳いでいきます。最短距離とはいきませんでしたが、第2集団内でスイムを終えます。

バイク 1:09:57(14位)
コースは13.3km×3周で、平地→登り→下りを繰り返すコースです。今年からコース変更され、自分も初めて走るコースでした。勢いとパワーだけでは攻略出来ない、実力差の出るタフなコースです。前日に1周試走はしましたが、スイム後の登り坂は別物でした。周回を重ねる毎に実力差が出てきて、前選手から離されてしまいます。普段は平地巡航練習ばかりになっていたので、登坂練習もしっかり組み込んでいかなければいけないと痛感しました。

バイク終了時 11位通過

ラン 41:01(14位)
コースは2.5km×4周で登り下りが多く、自分が出場する全国のレースの中で最も厳しいコースです。トランジットを出ていきなり急な登りが始まります。ペースが作りにくく苦戦しますが、前に見える選手を一人ずつ目標にして順位を上げていきます。ラン後半の頃には気温が30℃を超え、徐々にスピードが落ちてきました。登り下りでの重心のコントロールが上手くいきませんでした。筋力に頼りすぎない走りを身に付けていきます。

今大会では、たくさんの応援をして頂きありがとうございました。難しいタフなコースで、変速やコーナリングなどのテクニック不足も感じました。国内レースでも起伏のあるコースが増えてきたので、普段のトレーニングから登り下りを組み込んでレベルアップしていきます。後半戦に向けて夏場はじっくり身体を作っていきます。次は日本ロングディスタンストライアスロン選手権佐渡大会に出場予定です。また応援宜しくお願い致します。

SUNNY FISH 長谷川健

         

TOPへ戻る