SUNNY FISH LOGO
会社概要 プライバシーポリシー
 
TOP > SPECIAL > レポート >カーフマンチャンピオンシップ  清水孝一郎
レースレポート
 

カーフマンジャパンチャンピオンシップ

大会名: カーフマンチャンピオンシップステージ
開催日:2017年2月26日(日)
開催地:岐阜県海津市国営木曽川公園内
天 候:晴れ  
競技距離:1stRun 5km Bike 30km 2ndRun 5km (ドラフティング可) 

使用機材:
ボトル:PROFILE DESIGHN
タイヤ:Panaracer RACE D
サングラス:SWANS
補給食:shotz wild berry
ユニホーム:Champion System SUNNY FISH
メディカル:Lifeblood鍼灸マッサージ院
サポート:SUNNY FISH 後援会

総合49位 1:32:22

1st Run 18:16 (47位)
今回のレースはシリーズ最終戦。トップから5%以内のタイムでフィニッシュかつ8位以内で強化指定選手を獲得できます。今回のレースは強化指定選手獲得を目標にスタートラインに立ちました。スタートと同時に勢いよく選手たちが飛び出しますが私は焦らず自分のペースで走ります。しかし、2キロ過ぎから脚が重くなり呼吸もきつくなりズルズルと後退してしまいます。気が付くとほぼ最後尾。デュアスロンシリーズに出場し続けていますが、こんな後方で走るのは初めてでした。結局立て直すこともできずほぼ最後尾でトランジットへ。

Bike 50:34 (43位)
トランジットを抜けすぐに前を追いますが、私の心は折れていました。1stRunでの遅れから気持ちの切り替えがなかなかできず最初の1周は集団のローテーションに参加できず、ただ後方で走っていました。しかし、このレースに向けていろいろな方からご声援を頂いていたので中途半端なレースはできない。そう思いペダルに力を込めて、気持ちを切り替えて前を見据えて、走り出しました。
最終パックのため、走力がバラバラ。そのため私が積極的に前を牽いたり、一気にペースを上げたり集団を活性化させ前を追います。まあまあ乗れている選手もいたのですが5名の集団、なかなか前との差がつまりません。半分を過ぎたあたりから古傷のアキレス腱にしびれが出てしまいペースを上げることが難しくなり結局そのままの集団でトランジットへ。

2nd Run 23:32 (50位)
走り出しは好調とは言えませんが淡々と走っていきます。しかし、アキレス腱に激しい痛みが出てしまいました。痛みが出てからは歩いたり、走ったりの繰り返しでゴールを目指しました。なんのために岐阜まできたのだろう。非常に悔しい気持ちでいっぱいな2ndRunとなりました。

まとめ
今回のレース1st Runから出遅れてしまいレースになりませんでした。なぜあんなにも走れなかったのか。治療後あまり体を動かすことができずに過ごしてしまい、筋肉が緩んだ状態でスタートしてしまったからかもしれません。
次戦はこのようなミスはしないよう気を引き締めて挑んでいきたいと思います。たくさんのご声援ありがとうございました。

           

TOPへ戻る